ふくらはぎダイエット.comでは、ふくらはぎが太くなる原因となる「足のむくみ」と「O脚体質」の原因と解決ダイエット法を紹介しています。


ふくらはぎダイエット.com

ふくらはぎが太くなる原因は?

ふくらはぎダイエット.comの画像1

ふくらはぎダイエットをしたい人は、自分のふくらはぎが太いためにダイエットの必要性を感じているのですよね。

では、ふくらはぎが太くなる原因は何があるのでしょうか?

【1】足のむくみ

ふくらはぎが太くなる理由としては、足のむくみが原因の場合があります。

足のむくみは血液の流れがあまりよくない場合に多く見受けられます。

座っていることの多い仕事をしていたり、歩くなどの運動量が不足していると、足への血液の流れが悪くなり足のむくみにつながります。

さらに「足の冷え」や「サイズの小さい靴を履く」ことで血流が悪くなり老廃物が溜まりやすくなります。

足がむくみ始めるとふくらはぎから足首が、むっちりと太く見えてきますので要注意です。

【2】O脚体質

O脚体質の人は、ふくらはぎの内側と外側の筋肉のつき方が違ってきます。

ふくらはぎの内側の筋肉が落ちているケースが多く、その分脂肪がついて太くなっているように見えるのです。

足のむくみやO脚体質は対策を講じることでふくらはぎダイエットすることができます。

では、どのようにしてやせるふくらはぎダイエットをすれば良いのでしょうか?

ライン画像

脚痩せふくらはぎダイエット法とは

ふくらはぎダイエット.comの画像2

脚痩せするためのふくらはぎダイエットの方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

先ずふくらはぎが太くなる原因が「足のむくみ」の場合は、ストレッチをお勧めします。

ふくらはぎのむくみを解消するための血流をよくするストレッチとは、基本的に足を上げて溜まった悪い血を循環させることから始めます。

できれば壁にもたれて逆立ちを30秒〜1分程度から始めて3分程度できればいいのですが、逆立ちはできない人も多いです。

そんな場合は、仰向けに寝転んで両足を90度に膝を伸ばして上げながら、左右前後にゆらゆらと1〜2分程度揺らします。

このように普段どうしても悪い血が溜まりやすい下半身を上半身と逆の位置に持ってこれるようなストレッチをすることで血液の循環をよくすることで、ふくらはぎのむくみを解消しましょう。

また、ふくらはぎダイエットと併せて「足湯」で血行促進をしたり、日常生活でなるべく足を締め付ける靴を履かないなどの方法を用いることで、より一層ふくらはぎのむくみを解消することが期待できます。

ライン画像

O脚体質はどのようにすればいい?

ふくらはぎダイエット.comの画像3

O脚になる原因は骨盤の歪みであるとされています。

骨盤の歪みを治せばO脚も改善されていくことになるのですが、ではどうして骨盤は歪むのでしょうか?

これは歩行と深い関係があります。

歩く際に履いている靴やサンダルなどが原因で、土踏まずや指先が正常に地面と接触せずに姿勢が崩れてしまっているような状態を長く続けていると骨盤に影響が及ぼされます。

骨盤ダイエットなどは骨盤の歪みを治して下半身ダイエットをしていくのですが、そもそも骨盤の歪みの原因を解消しなければ同じことの繰り返しになってしまいます。

それ故に骨盤の歪みを治すために、正しい姿勢で無理なく歩行できる練習をすることが、骨盤の歪み解消⇒O脚解消⇒足のむくみ解消、というような流れになるのです。

ふくらはぎダイエットということでふくらはぎを中心にした運動やストレッチも大切ですが、日常生活の歩行姿勢などにも注意することが足のむくみ対策になります。

また、特に女性の場合はサンダルやブーツなど足元を締め付けたり、不安定な姿勢となる履物には注意しましょう。

毎日の積み重ねがふくらはぎダイエットが必要となる原因なのです。

ライン画像

下半身ダイエットTOPICS