下半身ダイエット1週間でエクササイズでは下半身太りの原因からおすすめの下半身ダイエットの方法まで紹介しています。下半身ダイエットのエクササイズで利用するお勧め器具の選び方も情報あり。


下半身ダイエット1週間でエクササイズ


磯山さやかも挑戦!コアリズム

下半身ダイエットが人気の理由

下半身ダイエット1週間でエクササイズの画像1

昔から女性の体型の悩みとして多く聞かれるのが、下半身が太っているという悩み。

だから下半身ダイエットの方法を知りたいんですぅ!なんて質問が飛び交っているので寸。

そもそも下半身ダイエットを必要と思う人は本当に下半身が太っているのでしょうか?

体型に関する見方は個人差があります。

他人からみれば普通の足も、自分からすればひどく太いような気がしてしまいます。

でも、やはり自分で太いと思う下半身はダイエットして痩せたいと思うのが心情ですよね。

そんなことから主婦やOLから女子高校生・中学生、もしくは小学生でも下半身ダイエットに取り組む人が多いのです。

自分自身の感じる悩みを解消する方法として下半身ダイエットは人気があるのですね。

では、その下半身太りの原因とはどのようなものがあるのでしょうか?

それはセルライトとの関係が深いのです。

上半身よりも下半身の方がよりダイエットが必要と思うのも何故でしょうか?

人の身体と心は不思議なものです。

ライン画像

下半身太りとセルライトの関係

下半身ダイエット1週間でエクササイズの画像2

先ず下半身ダイエットがしたいと思う人はどうして上半身ダイエットは必要ないのでしょうか?

もともと上半身は下半身よりも日の日常生活の中で動かす機会が多いという意識があります。

食事や仕事・勉強で座っていても手は動かしていますよね。

一日の日常生活の動作の中で動かしている身体の部分は、@まぶた、A指、B肘、C手首という順番と言われています。

見事に上半身ばかりですね。

それ故に下半身は運動不足という意識が起こり、下半身ダイエットに興味を持つ女性が増えているのです。

また、女性が下半身太りになりやすいのは、レセプターが下半身に多く配置されているからであると言われています。

レセプターとは脂肪を貯蔵や排出を調整する器のようなものです。

そのレセプターは上半身よりも下半身に多いので、下半身に脂肪がつきやすいということになります。

さらに『セルライト』が女性の下半身太りの大きな原因にもなっています。

セルライトとは太ももやお尻周辺の皮下脂肪組織が、スポンジみたいに「脂肪・水分・老廃物」を吸収して肥大してしまった状態のことを言います。

セルライトの成分はほぼ脂肪でできています。

しかも一般の脂肪組織とは異なりダメージを受けた脂肪細胞組織となっています。

それ故に一度ついたセルライトは取り除けない・・・とも言われています。

女性は下半身に皮下脂肪をため込みやすい為、セルライトも下半身に発生しやすく、下半身太りになりやすくなります。

女性の身体の特徴でどうしても下半身が太り気味になる傾向があるのですね。

では、そんな太り気味の下半身をダイエットするエクササイズや器具にはどのようなものがあるのでしょうか?

ライン画像

下半身ダイエットのおすすめ器具

下半身ダイエット1週間でエクササイズの画像3

下半身ダイエットをするには下半身を中心にしたエクササイズがおすすめです。

で、ダイエット器具を選ぶ時の注意はひざに負担の掛からないエクササイズ方法を選ぶということです。

普段から運動不足の人や体重が重い人が急に運動を始めると膝への負担が大きくなり、膝を痛めてしまう可能性があります。

一度膝を痛めてしまうと慢性化することもあり、歩行困難になってしまう場合もあります。

なので、膝への負担の少ないエクササイズや体操が下半身ダイエットにおすすめです。

具体的なダイエット器具としては、自宅でするならばバランスボールやエアロバイクなどがいいでしょう。

スイミングもお勧めなのですが、スイミングスクールに通うことなります。

下半身ダイエットは継続することが大切なので、長続きしそうな方法を探してください。

他にも器具を使わない下半身ダイエットの方法としてヨガやホットヨガなどがあります。

1週間でできる簡単ダイエットでもヨガを利用しています。

他にもストレッチや体操など簡単にできる下半身ダイエットがありますので、口コミ評価などをみてお試し下さい。


★詳細はこちらから>>30歳から始めるカラダの
アンチエイジングプログラム〜ザファーム〜


ライン画像

下半身ダイエットについてプチNEWS